三谷幸喜の現在の嫁(yuma)との馴れ初めと小林聡美(元妻)との離婚の原因とは?

三谷幸喜画像

今年の4月から情報番組「新・情報7daysニュースキャスター(Nキャス)」で総合司会を務める三谷幸喜さん。

現在、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で脚本もされながら情報番組での司会とさらに活躍が期待されます。

三谷さんの独特な視点からのコメントや番組の展開が気になるところです。

そんな三谷幸喜さんの現在の嫁との馴れ初めや元妻の小林聡美さんとの離婚の理由にについて調べてみました。

スポンサーリンク

〇この記事でわかること
・三谷幸喜さんの奥さんはどんな人?
・現在の奥様の馴れ初めとは?
・元妻の小林聡美さんとの離婚の理由は?

目次

三谷幸喜さんの妻はどんな人?

2011年5月23日に元妻である小林聡美さんと離婚して、2年後の2013年7月31日に三谷幸喜さんは元女優のyumaさんと再婚されています。

yumaさんのプロフィールをまとめてみました

本名中山 佳織
生年月日1980年10月4日
出身地静岡県
血液型B型
趣味声楽(イタリア歌曲等)、水泳、フルート、クラシック鑑賞、読書

【経歴】

1980年10月4日、静岡県で生まれます。

1983年に父親の仕事の関係でカナダのトロントに移住されます。

1988年に日本に帰国し、神戸に在住し1996年に静岡県清水市に転居されます。その後、東京都立川市に転居。

高校の文化祭でミュージカルを企画され、自ら監督・脚本・演出を担当。

1998年、辻仁成さんの映画「千年旅人」の新聞公募によるヒロインオーディションで、応募総数1200名の中からヒロインのユマ役を射止めます。

選ばれた理由してオーディションで歌ったイタリア歌曲辻仁成さんの音楽的インスピレーション火を点けたといわれています。
なお、映画に先駆けて、映画とyumaのイメージから浮かんだ10曲のレコーディングが東京とアイルランドで行っています。

2001年、辻仁成監督映画「ほとけ」にユマ役で出演されています。

2013年、三谷幸喜さんと結婚した一般女性として報じられます。

芸能活動は1998年~2001年約4年間で、芸能界を引退をされいます。

出典先=nakky.co

三谷幸喜さんと嫁のyumaさんとの馴れ初めは?

芸能界を引退されて、早稲田大学に進学され映画製作会社の制作デスクをされていました。
三谷さんの脚本の映画『すてきな金縛り』などの担当をされ話をしていくうちに親しくなったそうです。
引用:「真田丸」打ち上げに三谷幸喜氏が不在の事態 堺雅人もあ然 – ライブドアニュース

三谷さんは犬好きで、「とび」という犬を飼っていました。

小林聡美さんと暮らしていた頃に飼い始めた犬で、離婚後は三谷さんが引き取り、お世話をしていました。

自宅での生活を支えた「とび」も10歳を越えおじいちゃん犬になり2013年の1月に息を引き取りました。

大切な家族を亡くし落ち込んでいる三谷さんをyumaさんが、そばで励まし、慰めたことがきっかけで結婚を意識したとのことです

高校の文化祭でミュージカルの監督・脚本・演出をされたり、辻仁成さんの映画で1200人の中からヒロインを勝ち取るなど、とても素敵な方だと思われます。

スポンサーリンク

元妻 小林聡美さんとの離婚の理由とは?

出典先=スポニチ

1995年に「やっぱり猫が好き」に共演した小林聡美さんと結婚しましたが、2011年に離婚しています。

結婚会見では三谷さんが「友達が寄り付かない家庭にしたい」。と言い小林聡美さんが同意するなど二人の不思議な言動が不思議な婚約会見でした。

そんなお二人でしたが、2011年5月23日に電撃離婚をされています。

発表では『価値観の小さな違いが積み重なりだんだん大きくなってしまった。と離婚原因に追究されていました。

ただ具体的な話がないため、二人の離婚の原因には様々な憶測が言われています。

三谷幸喜さんの浮気疑惑であったり、神経質な三谷さんが他人を家に上げることを極度に嫌がる(『小林聡美さんが外出中に小林聡美さんの父親が訪ねてきた時も自宅に入れなかった』)、などの性格の不一致で小林聡美さんが嫌になってしまったのではないかと…

しかし、そんな離婚について、三谷幸喜さんがエッセイの中で言及したことがあります。

生き方の違いが広まり、それは例えば「家庭生活を題材にすること」を小林聡美さんが嫌ったことがあります

離婚後もまだ彼女への未練があるような話が聞かれていました。

また、離婚後も小林聡美さんへの思いも露吐しています。

今の夢は彼女の舞台を作ることで女優としての尊敬は変わらないが、彼女は家を出ていきました。
引用先:小林聡美アノ生活書かないで…三谷幸喜が離婚ワケ告白 – 芸能 – ZAKZAK

また、三谷さんのエッセイでは結婚後の猫との生活についても語られていましたが、離婚前に結婚前から飼っていた猫が亡くなり二人を繋ぎとめておくものがなくなったというペットロス離婚が指摘されるのではと挙げられいます。

約16年もの結婚生活の中で変化や価値観の違いが生まれたのは事実だと思いますし、それらが重なって終止符を打った二人でした。

スポンサーリンク

まとめ

4月から情報番組「新・情報7daysニュースキャスター(Nキャス)」で総合司会を務め、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で脚本と大忙しの三谷幸喜さん。

現在の奥様との間にお子さまもおり、仕事に家庭に充実されているようです。

三谷幸喜さんの今後の作品やNキャスでの独特なコメントに期待したいですね。

本日も最後まで読んでいただき有難うございました。

三谷幸喜さんが唯一アニメの脚本をされた『サザエさん』のお話の内容が気になる方はこちらをどうぞ‼

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

〇当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、いつでも、どなたにも気持ちよく読んでいただけるように、明日の話の雑談やネタになればと思い記載をしております。
もし、気になる点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せフォームをご利用くださいませ。

目次